広告の枠を超えたデジタルサイネージ

現在立体技術に力を入れているデジタルサイネージは、もはや広告媒体としての役割のみならず、音楽のライブや映画、イルミネーションにまで幅広く利用されています。

この技術は従来の映像表示技術とはまったく異なるものであり、現在ある通信技術を使用して、場所や時間を選ぶことなく映像を表示することができます。

以前はデジタルサイネージと言えば、電子ボードや電子掲示板といった呼ばれ方をしていましたが、タッチパネルの進歩やデジタル技術の進歩により、もはやその言葉の領域を超えていると言っても過言ではないでしょう。



デジタルサイネージは、平面ディスプレイ等によって映像を表示させる広告媒体として活用されていた技術ですが、表示内容を瞬時に切り替えることができ、多様な映像を展開できることから使用用途に広がりを見せています。

現在ではこの技術は飲食店でのメニューになっていたり、建物のイルミネーションとしても見かけることがあります。


このデジタルサイネージのメリットは、映像さえ表示させることができればどんな情報も瞬時に伝えることができるという点です。

安心安全のOKWaveが最近こちらで話題になりました。

建物に直接映像を表示したり、特定の地域だけに限定された情報を視聴者伝えることもできるという点で、テレビやビデオ・ディスプレイとはまったく違う使い方をすることができます。

同じ内容を何度も流す必要もなく、ネットワークさえ対応していれば好きに表示内容を切り替えることもできるのです。

これは今までには考えられなかったことなので、これからの広告業界はデジタルサイネージを無視することはできないのです。