遺留分は配偶者を基準に考えます

category01

遺留分を考える際にまず基本となるのは配偶者です。
配偶者は常に相続人となるという原則があるからです。


夫が被相続人の場合は妻です。

そしてそこから妻以外の相続人ごとに分けて考えていきます。



まず妻以外に相続する権利のある人がいない場合ですが、この時は当然妻がすべてを相続します。法律上相続する権利のある人には遺留分というのがありまして、この場合の妻は2分の1です。
ですからもし仮りに夫が遺言書を残して異なることを書いていたとしましても妻は2分の1は必ず受け取ることができます。
配偶者以外の相続人には順位がありまして第1順位の人から順番に権利があります。


第1順位は子供です。
養子は実子と同じようには権利がないようですが、現在同様に権利があります。

相続するのが妻と子供の場合はそれぞれ2分の1ずつです。
遺留分はその半分ですから4分の1ずつとなります。第2順位は夫の両親で直系尊属と言います。


そもそも子供がいない場合は妻と夫の両親で相続します。

この場合は妻が3分の2で両親3分の1です。
夫の両親がすでにいない時は法律上は夫の祖父母にさかのぼることになっています。
遺留分は半分ですので妻6分の2両親6分の1です。

夫の兄弟姉妹が第3順位ですが、その場合は妻が4分の3で兄弟姉妹は4分の1のみです。

ビジネスジャーナルの情報サイトです。

ここで間違えやすいポイントが、兄弟姉妹には遺留分の権利がないということです。

遺留分減殺請求の時効情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

ということは計算をする際に兄弟姉妹をゼロと考えますから、妻は他に相続人がいないケースと同様に2分の1あると考えることになっています。

法律のコツ

category02

遺留分を考える際混同しやすいポイントがいくつもありますので、それらを頭に置いて分配を考えていくことが不可欠です。相続で第1順位は子供ですが、実子も養子も非摘出子もすべて同様に権利が認められます。...

subpage

法律の実態

category02

被相続人が、遺言により相続財産の一部または全部を処分した場合、法定相続人は遺留分を請求する事ができます。例えば、被相続人の愛人に遺産を全部譲る、あるいは遺産を全て現金化して行政や政治、宗教団体に寄附するなどの遺言を残した場合に、残された家族の住む自宅や生活資金が無くなってしまう事になりかねません。...

subpage

人に言いたい法律

category03

遺留分は、法定相続人が最低限の財産を相続できる割合を言い、民法1028条に定められています。相続において遺言は法定相続より優先されます。...

subpage

最新情報

category04

遺留分とは、民法1028条に規定する、相続財産のうち最低限保証された割合を言い、兄弟姉妹以外の法定相続人がその権利を有します。遺留分は、被相続人が遺言による遺贈または生前贈与を行っていたとしても、法定相続人が相続財産の一部を取得する事ができるため、遺贈や生前贈与によって法定相続人が不利益を被る事を防ぐことができます。...

subpage